お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妊娠初期の薬の服用について
一般的に妊娠中の薬の服用は胎児に影響が出る場合があるので控えた方がいいと考えられています。
そこでもっとも心配される妊娠初期の薬の服用についてまとめてみました。

胎児に奇形があらわれる事を催奇形性といい、そして奇形を誘発する可能性のあるものを催奇形因子といいます。
薬の服用で最も胎児に奇形を引起す可能性が高いのは妊娠2ヶ月目(4週?7週目)といわれています。
3ヶ月に入ると脳や心臓等の重要な器官の発育はほとんど終っているので、奇形の起こる危険はぐっと低くなります。
ですが4ヶ月までは催奇形性の危険があるとの事です。

妊娠5ヶ月以降になると薬の服用で奇形が起こる事はないようです。
ですが胎児の発育や機能に影響を与える可能性はあります。
これを胎児毒性といいます。

市販の鎮痛剤や病院で処方される鎮痛剤の多くは非ステロイド性消炎鎮痛剤で、一般的に使用の頻度が高い上に胎児に与える影響も有名です。
これらの薬は服用により胎児の動脈管が強く収縮して胎児の状態に悪影響を与えるとされています。
アセトアミノフェンという消炎鎮痛剤妊娠中に服用しても比較的安全と考えられています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
経営コンサルタントと30代,40代の転職
経営コンサルタントとは、顧客企業の経営相談に乗って、問題解決の支援をする仕事 http://gap.misterblackband.com/
2008/11/15(土) 09:31:11 | URL | #-[ 編集]
赤いパンプスを探すなら
パンプスの検索サイト。通販、エナメル、激安、スニーカー、コンバースなどパンプスに関する各種情報をお届けしています。 http://gallinaceous.tallmadgetitan.com/
2008/12/04(木) 08:51:21 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。