お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギー性鼻炎と薬について
アレルギー性鼻炎は、花粉等アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)が鼻の粘膜に付く事で起こるアレルギー反応で発症します。
このアレルギー反応にはヒスタミンロイコトリエンを代表とする様々な化学物質が大きく関わっているとされています。

ヒスタミンは神経を刺激し、くしゃみや鼻水を起こす物質です。
そしてロイコトリエンは血管を刺激し鼻づまりを起こします。
どちらも迷惑で厄介な化学物質ですね。

花粉症や鼻炎に用いる薬を総じて抗アレルギー薬といい、その作用によって何種類かに分類されます。
抗アレルギー薬の作用は、化学物質の分泌を抑制するものと化学物質が働きかけるポイントをブロックするものとに大別されます。
そしてどの化学物質に作用するかでその薬の効果や副作用には違いがあります。

化学物質の分泌を抑制する薬は重点的に抑制するのではなく、色々な化学物質を少しずつ抑制する為効果はさほど強くないようです。
化学物質が働きかけるポイントをブロックする薬は、最も種類が多いヒスタミン拮抗薬や、喘息にも効果があるとされるロイコトリエン拮抗薬等です。

その他の抗アレルギー薬としてはステロイド薬自律神経作用薬があります。
ステロイド薬抗アレルギー効果は強いのですが副作用が強く、内服よりも点鼻薬として多く使われるようです。
自律神経作用薬は粘膜のむくみを抑えたり鼻水を少なくしたりするもので、こちらも点鼻薬として使用されます。



お薬のお役立ち知識集



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2011/12/06(火) 19:44:06 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/11/01(木) 14:04:18 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/01/24(木) 08:30:52 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。