お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザの予防
インフルエンザの薬には2種類あるそうです。
ひとつはインフルエンザにかからないように予防する為のワクチン接種、そしてもうひとつは発症した場合に重篤にならない為の治療薬です。

インフルエンザにはA香港型、Aソ連型、B型の3種類の菌株があり、その年で流行する菌株は違います。
WHO世界保険機構)がその年にどの菌株が流行するかを予想し毎年発表をします。
それに基づいて各国が予防ワクチンに使う菌株を指定する事で製薬会社がワクチンを製造し、認可されたものが10月下旬から医療機関で接種可能となります。

インフルエンザの予防ワクチンは接種後半年程効力が持続するそうです。
そして毎年インフルエンザが最も流行するのが1月下旬から3月上旬の為、12月上旬頃までにワクチン接種を済ませるのが良いといわれています。

予防接種は毎年1度行う必要があり、70%に有効といわれています。
発症した場合に重篤になる恐れのある65歳以上の高齢者や気管支喘息等の基礎疾患があるような方は接種した方がよいでしょう。

また発症した際の予防薬としてはオセルタミビル(商品名タミフルが有効とされていました。
ですが、服用によるものと思われる事故が相次いで報告され、現在は原則として10代への使用は禁止とされています。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。