FC2ブログ
お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘルペスの種類と治療薬について
ヘルペスウイルスが原因となって皮膚に小さな水泡ができる病気です。
多くは皮膚や粘膜にできた小さい傷から感染し、神経に沿って体内の奥深くまで入り込んでしまいます。

ヘルペス単純疱疹帯状疱疹とがあり、一般的にヘルペスというと帯状疱疹を指す場合が多いようです。
帯状疱疹は子供の時にかかる病気として知られる水ぼうそうの原因である水ぼうそうウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)が原因です。
水ぼうそうにかかると体内に抗体ができる事で治癒しますが、ウイルスはそのまま体内に潜伏しています。
ヘルペスウイルスは大変弱いウイルスな為、通常の健康な状態の時には発症する事はありません。
しかし疲れや風邪、ストレス等により体の抵抗力が落ちるとヘルペスウイルスが再び暴れ始め帯状疱疹が起こるのです。
帯状疱疹は神経に沿って皮膚に帯状に水ぶくれが拡がります。

帯状疱疹は神経の痛みを伴いますが大抵は1ヶ月以内に治まり、一度発症するとほとんどの場合再発はないといわれます。
ですが中途半端に治療を止めてしまうと後遺症が残る場合もあるそうです。
治療に使われる薬は内服薬が一般的なようですが、炎症がひどいような場合はステロイドを併用する事もあるようです。

単純疱疹に有効な薬は外用薬で、抗ウイルス薬の軟膏を日に数回塗布します。
重篤な場合には点滴や内服薬を併用する事もあるようです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
プラセンタダイエットの情報
プラセンタとは、胎盤のことで胎盤は、元気な赤ちゃんが生まれてくるのに必要不可欠なものです http://gastroenterology5.thriftystmartin.com/
2008/10/25(土) 07:01:40 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。