FC2ブログ
お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口内炎の種類と薬について
口の中の粘膜が炎症を起こすと、口の中が痛くなったりしみたりするような事があります。
これを口内炎といいますが、経験された方も多いのではないでしょうか。

口内炎は3つの種類に分けられます。
カタル性口内炎粘膜が赤く腫れて痛みを伴い、唾液の量が増えたり口の中が熱く感じられる事があります。
粘膜に「アフタ」と呼ばれる白っぽく丸い斑点ができる事があります。
このアフタは浅い潰瘍を作り、それにより強い痛みを感じます。
これがアフタ性口内炎で一度治ってもまた再発を繰返す厄介な口内炎です。
「潰瘍性口内炎は口の中で炎症を起こした部分が水疱になったものが破れて白っぽい潰瘍ができ、発熱や倦怠感を伴う場合があります。

これらの口内炎は胃腸の調子が悪い時や風邪のひき始め等に起こりやすいようです。
また体が疲れていたり、栄養不良等によっても起こる場合があるという事です。
入れ歯や虫歯、歯周病が原因になる事もあり、はっきりとした原因が特定できない事も多くあるようです。

口内炎の薬には炎症を抑え痛みを和らげる口腔用軟膏や、付着型錠剤、細菌の感染を防ぐトローチや、消毒、感染予防の為のうがい薬等があります。

口の中の粘膜に細菌や真菌、ヘルペスウイルス等が感染する事で口内炎ができたような場合は、それを取り除く治療をします。
口内炎を治療する薬を使うと逆に症状を悪化させてしまう事があるので、医師の指示に従うようにしましょう。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
カイロドクター
カイロドクターとは、腰痛や肩こりの原因となっている脊椎のずれやゆがみを独自の手技などで矯正し、治療するカイロプラクティックの資格の一つ http://custom.ellingtonrecords.com/
2008/10/30(木) 02:11:38 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。