お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
インフルエンザの治療薬「タミフル」について
タミフル中外製薬から発売されたインフルエンザの治療薬です。
体内にインフルエンザウイルスが増えるのを抑える効果がある薬とされ、A型およびB型のウイルスに有効という事です。
ですがインフルエンザの症状が出て48時間以内ウイルスが増えていく時期に服用しないと効果が低くなるとされています。
効果的に服用すれば、この薬はインフルエンザの症状が重くなるのを抑え、症状が出ている期間を早く終わらせます。

タミフルはA型とB型のインフルエンザには効果を発揮しますが、それ以外のC型や細菌性の風邪には効き目がありません。
インフルエンザが疑われる症状が出始めたら、早めに病院で鼻の中や喉の奥の粘膜を採取しインフルエンザの型を判定する検査をします。
数十分で結果が出るので、その結果A型もしくはB型であれば医師の判断や患者の希望で処方されます。

タミフルはインフルエンザの治療には画期的な薬として評判になりましたが、その後服用した患者が数時間後に飛び降り等の異常行動を起こす事件が頻発しました。
事例の発覚当初、厚生労働省では「投与に関係なく発症後2日間は注意して患者の様子をみておく」としていました。
ですがタミフルの関連性が否定できない死亡事故も数件報告され、2007年3月に「原則的に10代には使用禁止」とされました。


スポンサーサイト
関節リウマチの治療薬について
関節リウマチ関節に炎症が起こる事で関節の腫れや痛みが起こる病気です。
また貧血や微熱、倦怠感、体重減少等の症状も伴います。

関節リウマチの治療薬には、炎症を抑え和らげる抗炎症薬と炎症を本から鎮める抗リウマチ薬の2種類があります。
抗炎症薬リウマチを根本的に治療する薬ではない為、使用を止めればリウマチは再び悪化します。
その為抗炎症薬抗リウマチ薬と併用して使用する形になります。

抗リウマチ薬は、リウマチの原因となっている免疫の乱れを整え症状を改善する薬です。
効果が現れ始めるまでには早くて1ヶ月か場合によっては数ヶ月要する事もある為、抗炎症薬で腫れや痛みを抑えながら使用します。
抗リウマチ薬は残念ながら全ての患者に対して有効ではなく、効果が出た薬でも長期間使用する事で効き目がなくなる場合もあるようです。
その場合は他のリウマチ薬を使用しますが、効果が現れ始めて治ったかのように感じられても、使用を中断すると再び悪化する事があります。
そうなると再びその薬剤を使用しても効果がないといった場合もあるようです。

関節リウマチの治療薬は長期間にわたって使用する為、副作用を起こす例も多いようです。
副作用と思われるような自覚症状がある場合は早めに主治医に相談する事が大切です。
また定期的に検査を受け、副作用のチェックを行いましょう。
骨粗鬆症や胃腸障害等の副作用はあらかじめ骨代謝関連薬や胃腸薬の服用により予防する事ができるようです。



向精神薬について
覚醒剤麻薬大麻等を除き、中枢神経に作用し精神状態に影響を及ぼす薬物を総称して「向精神薬」と呼びます。
元来は不眠やイライラの解消の為に使用する薬であり、その大半は医薬品として出回っています。
鎮静剤や催眠剤精神安定剤等が向精神薬で、これらを服用するには医師の処方箋が必要とされています。
ひとつずつもう少し詳しくみてみましょう。

鎮静剤は乱用すると一時的にハイテンションになり、言葉は舌がもつれうまく話せません。
足元がふらつきしっかり歩けないなどの症状もあり、継続して使用するとわずかな量では段々と効果が薄くなり徐々に摂取量が増えていきます。
依存性があり、急に服用を止めると不安感や不眠、痙攣等が禁断症状として表れ、多量に服用すると死亡する場合もあります。

催眠剤は作用している間の行動が記憶に残らず夢の中で行動しているような感覚を覚えます。
さらに乱用する事により眠らなくても普段通りの生活を行う事ができます。
多用すると脳の呼吸中枢が破壊され死亡する可能性があります。
またアルコールと併せて摂取するととても強い抑制作用が起こり、昏睡状態に陥ったり最悪は死亡する危険性もあります。

精神安定剤は服用を必要としない正常な状態にある人が乱用するとショック状態や言語不能等の症状が起こる場合があります。
またひどい時には全身の筋肉がまともに動かなくなる事さえあります。



頭痛薬の服用について
頭痛はひどくなると何もする気が起こらなくて辛いですよね。
あまり薬を多用するのもよくありませんが、止むを得ない場合は正しく服用しましょう。

偏頭痛の場合の薬の服用のタイミングですが、頭痛が始まったらできるだけ早期に服用すると効果があるようです。
偏頭痛は始まって1時間ほど経つとかなり痛みが増して辛くなります。
鎮痛剤や頭痛に効くエルゴタミン製剤は常に持ち歩くようにすると良いでしょう。
ひどくなってしまった場合はトリプタン製剤がいいようですが、こちらも吐き気等がある場合は服用ができません。

薬の飲み方ですが、コップ1杯のお水と一緒に服用します。
よくお茶で飲むのはよくないと聞きますが、そんな事はないようです。
ただジュース等の糖分の入った甘味のあるものは吐き気を引起す事があるようですので避けた方が良いでしょう。
服用の間隔は3時間は空けるようにします。
鎮痛剤トリプタン製剤を月に10回以上、もしくは長期にわたって服用したりすると逆に症状を悪化させる恐れがあります。
そういった時には医療機関に相談し、予防薬を処方してもらいましょう。

万が一薬を服用した後で発疹等が出た場合は、すぐに受診する事をオススメします。
薬疹は重篤な副作用を起こす危険もある為、決して自己判断で放置する事はしないようにしましょう。


利尿薬について
利尿薬は主に臓に作用して尿量を増加させる事により、余分な水分と食塩の成分であるナトリウムを排泄します。
それによって細胞のむくみの原因となる体内や血管内に余分に蓄えられた水分を取り除き血圧を下げる効果があります。

体内にナトリウムが多すぎると体液の量や循環血液量も増え、それによって血圧も上がります。
利尿薬はナトリウムに敏感に反応して血圧が上がるような人にはとてもオススメの薬といえます。
またむくみの症状の改善にもつながるので、心不全を同時に患う高血圧患者の方にも適しているとされています。
その反面、糖尿病や高脂血症の患者さんには利尿薬は向かないようです。

次に気になる副作用についてです。
利尿薬はナトリウムの排出と同時にカリウムも排泄します。
それにより低カリウム血症を引起す恐れがあります。
動悸や息切れ、足がつるなどといったいつもと違う症状がみられた場合はすぐに主治医に相談しましょう。
逆に薬の効果が過剰に出てしまうと脱水症状が起き、血圧が下がる事によってめまいや立ちくらみが起こる事がありますので注意が必要です。
特に高齢の患者さんは脱水症状を起こしやすいといわれている為、こまめに水分補給をするよう心がける事が大切です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。