お薬のお役立ち知識集w 薬の知識を知っているのと知らないのでは、 効き目も全然違ってきます。 ちょっとした事で効き目倍増wのお役にたてたら良いですw
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アレルギー性鼻炎と薬について
アレルギー性鼻炎は、花粉等アレルギーの原因となるもの(アレルゲン)が鼻の粘膜に付く事で起こるアレルギー反応で発症します。
このアレルギー反応にはヒスタミンロイコトリエンを代表とする様々な化学物質が大きく関わっているとされています。

ヒスタミンは神経を刺激し、くしゃみや鼻水を起こす物質です。
そしてロイコトリエンは血管を刺激し鼻づまりを起こします。
どちらも迷惑で厄介な化学物質ですね。

花粉症や鼻炎に用いる薬を総じて抗アレルギー薬といい、その作用によって何種類かに分類されます。
抗アレルギー薬の作用は、化学物質の分泌を抑制するものと化学物質が働きかけるポイントをブロックするものとに大別されます。
そしてどの化学物質に作用するかでその薬の効果や副作用には違いがあります。

化学物質の分泌を抑制する薬は重点的に抑制するのではなく、色々な化学物質を少しずつ抑制する為効果はさほど強くないようです。
化学物質が働きかけるポイントをブロックする薬は、最も種類が多いヒスタミン拮抗薬や、喘息にも効果があるとされるロイコトリエン拮抗薬等です。

その他の抗アレルギー薬としてはステロイド薬自律神経作用薬があります。
ステロイド薬抗アレルギー効果は強いのですが副作用が強く、内服よりも点鼻薬として多く使われるようです。
自律神経作用薬は粘膜のむくみを抑えたり鼻水を少なくしたりするもので、こちらも点鼻薬として使用されます。



お薬のお役立ち知識集



スポンサーサイト
にきびにも効く漢方薬
にきび吹き出物は若い時の悩みの種になるものですね。
にきび薬というと、製薬会社から発売されているクリームタイプのものを連想します。
ですが、できればあまり薬は使いたくないのが正直なところです。
もし使うのであればできるだけ自然に近いものをと思います。

漢方薬は中国から伝わった古くからある生薬を組合せて作られたものです。
その漢方薬にきびにも効くらしいのです。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)は血流をよくする漢方薬です。
青みがかったようなにきびができたり、女性では月経血に塊があったり生理痛でお悩みの方に良いようです。
これは比較的胃腸が強い方に向いているそうです。

温経湯(うんけいとう)はお腹の血流をよくしてくれる薬で、にきび以外にアレルギーもあるといった方にオススメの漢方薬です。
その他手荒れやお腹が冷えやすいような方にも効果があるそうです。

六君子湯(りっくんしとう)は口の周りにできたにきびや湿疹に効くとされる漢方薬です。
胃腸が弱く肌が荒れるという方には消化を助け、胃腸を丈夫にしてくれる作用があるそうです。

清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)はおでこや鼻の周りのにきびにオススメの漢方薬です。
若い人に使われる事が多いお薬だそうで、のぼせを抑えたり、また皮脂の分泌量を抑えたりする作用があるそうです。

漢方薬は服用する個々の患者さんの状態をしっかりと聞いてその方に一番合う薬を配合するものです。
合わないものを自己判断で服用すると副作用の恐れもあるので注意しましょう。


お薬のお役立ち知識集

インフルエンザの治療薬「タミフル」について
タミフル中外製薬から発売されたインフルエンザの治療薬です。
体内にインフルエンザウイルスが増えるのを抑える効果がある薬とされ、A型およびB型のウイルスに有効という事です。
ですがインフルエンザの症状が出て48時間以内ウイルスが増えていく時期に服用しないと効果が低くなるとされています。
効果的に服用すれば、この薬はインフルエンザの症状が重くなるのを抑え、症状が出ている期間を早く終わらせます。

タミフルはA型とB型のインフルエンザには効果を発揮しますが、それ以外のC型や細菌性の風邪には効き目がありません。
インフルエンザが疑われる症状が出始めたら、早めに病院で鼻の中や喉の奥の粘膜を採取しインフルエンザの型を判定する検査をします。
数十分で結果が出るので、その結果A型もしくはB型であれば医師の判断や患者の希望で処方されます。

タミフルはインフルエンザの治療には画期的な薬として評判になりましたが、その後服用した患者が数時間後に飛び降り等の異常行動を起こす事件が頻発しました。
事例の発覚当初、厚生労働省では「投与に関係なく発症後2日間は注意して患者の様子をみておく」としていました。
ですがタミフルの関連性が否定できない死亡事故も数件報告され、2007年3月に「原則的に10代には使用禁止」とされました。


インフルエンザの予防
インフルエンザの薬には2種類あるそうです。
ひとつはインフルエンザにかからないように予防する為のワクチン接種、そしてもうひとつは発症した場合に重篤にならない為の治療薬です。

インフルエンザにはA香港型、Aソ連型、B型の3種類の菌株があり、その年で流行する菌株は違います。
WHO世界保険機構)がその年にどの菌株が流行するかを予想し毎年発表をします。
それに基づいて各国が予防ワクチンに使う菌株を指定する事で製薬会社がワクチンを製造し、認可されたものが10月下旬から医療機関で接種可能となります。

インフルエンザの予防ワクチンは接種後半年程効力が持続するそうです。
そして毎年インフルエンザが最も流行するのが1月下旬から3月上旬の為、12月上旬頃までにワクチン接種を済ませるのが良いといわれています。

予防接種は毎年1度行う必要があり、70%に有効といわれています。
発症した場合に重篤になる恐れのある65歳以上の高齢者や気管支喘息等の基礎疾患があるような方は接種した方がよいでしょう。

また発症した際の予防薬としてはオセルタミビル(商品名タミフルが有効とされていました。
ですが、服用によるものと思われる事故が相次いで報告され、現在は原則として10代への使用は禁止とされています。


この薬ってどんな薬?って思った時は..
病院で処方された薬は調剤薬局や病院で「この薬は解熱作用があるものです。それとこちらは..」と説明を受けます。
ですが帰ってから薬袋を開けて薬を飲もうとした時に「あれ?何の薬だったっけ?」って思う事はないでしょうか。
そこまで気にしない方もいるでしょうが、中には副作用等心配になる方もいるのではないかと思います。

そういった時は薬の情報が検索できるサイトを利用しましょう。
製品名や識別コード(包装材に印字されています)、メーカー名等で薬の主な作用や注意点等の知識を得る事ができます。
また製品名等意外にも内服薬外用薬等その薬の種類や、錠剤、カプセル等の剤形等で絞込み検索をする事も可能です。

検索結果では、その薬の1日あたりの分量や処方目的、作用や使用状況等の解説の他、副作用に関する情報や飲み合せ等がわかります。
さらに妊娠時にその薬を使用した際の安全性までもわかりとても豊富な情報を得る事ができます。

世界において最も薬剤の承認基準が厳しく設定されているといわれているのはアメリカとイギリスです。
そして、それに次いで厳しいといわれるのがフランスとドイツです。
この国々での承認状況も検索で知る事ができます。

自分が今飲もうとしている薬はどういった薬なのか。
不安を感じていなくてもこういったサイトで調べてみるととても参考になると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。